「悩んでるならすぐやろう!明日かは使えるターゲットとキャッチコピー」

スポンサーリンク

ターゲットとキャッチコピーの関係性について。

よく聞くペルソナ=ターゲットってなに❓



ペルソナを見つけて

ペルソナに向けて

ペルソナを選んで




…………

ペルソナペルソナってわかんないよ❗️

ペルソナ4のゲームしかしらないよ❗️
アニメもやってたやつしかしらないよ❗️
opは名曲だよ❗️❗️

って方も多いと思います。

では 行きます


ターゲットがわからない

誰に向けて

なにを発信するのか❓


この技術や商品ならだいたいこういう
人に売れるだろうと

なんとなく決めてしまいがちで、やっても

効果がない場合が多いです。

また、インフルエンサー的な人達が自分と
同じような技術や商品を提供してたら
そりゃ無理❗️❗️❗️❗️ってなりますよね。

そんな時に


ターゲットの窓口を絞り込

窓口を絞り込むのは不安です
窓口を少しでも広げた方が
認知されるんじゃないか❓と言う気持ちは
良く分かります。

例えば自分は、メンズカットや
カラー全般得意ですが

カラー

と言う大きな括りで発信してもインフルエンサー的な人達には勝てません。


以前は

バレイヤージュ❓
フェイスなんちゃら❓
ソンブレ❓
オンブレ❓
アニメカラー❓

自分より上手い人達は沢山いるし
むしろ勉強になります❗️って感じでした。




なので「ブリーチ無しカラー」をメインに

ブリーチはしたくないけど綺麗な色にしたい
人達をターゲットに発信していました。
インフルエンサーはいましたが、
ブリーチ得意な方々ほどは人数いなかったので。



メリット 

競合相手が自分のエリアだと少ない。

明るい色はブリーチ必須と思っている方々を
取り込める。



デメリット

ブリーチカラーは得意なのかわからない

カットやストレートとか上手いのかわからない

などがありますが

窓口を絞り込んだおかげで

結果的にインスタから集客やフォロワー増加による、美容師ランキング入り
外部の仕事などの
結果に繋がりました。

じゃあお客様を絞り込むにはどうするの❓

お客様は

「悩み」で絞り込む。

よく聞く

ダメージが気になる方〜

カラーが気になる方〜

では

なんのダメージの人に❓

なんのカラーが気になる人に❓

価値観や年齢や悩みは人それぞれですよね。

その場合に使うのが

「キャッチコピー」

になります❗️

お客様は切実なウリを求めているので

例えば

繰り返しのカラーや縮毛のダメージが気になる方に美容師歴〜年の
オススメのアイテムベスト4紹介

いつも暗くなる白髪染めに悩む方に
1000人の方に感動していただいた
白髪染めをしない白髪染め。

など

自分が打ち出したいものに対して
まずキャッチコピーを考えて絞ってみて、
反応があった人達がペルソナになるので

そこに対して有益な情報を配信していく事が大切と思います。

「業界で当たり前のウリも言ったもんガチ❗️」

もしほかの人が普通にやってた事も
きちんと打ち出したてなかったら
自分が先駆者❗️❗️

誰にでも可能性はあります❗️

やるか、やらないか❓

自分は

顧客0

人口5万以下の町で独立

sns初心者

から

行動し続けて人生が変わりました。

いい事も悪い事も引き寄せるのは自分次第です

コメント

タイトルとURLをコピーしました