ママ美容師の復帰。

働き方

初めまして。

大阪でママ美容師をしております

タナカエミです✂️

ただの美容師から店長となり、結婚。そしてママ美容師となり、現在は夫婦経営をしております。

今回は自分も経験済みの、美容師復帰のお話をしたいと思います。

#ママ美容師の復帰。
復帰って、すごく悩むと思う

特にアシスタントで辞めちゃって、
復帰となると、またそこから始めるわけで。

しかも、歳下なのにバンバン仕事をこなしている先輩もいる。

自分には子供もいる。

皆さんの職場では、
モデルさんを何人こなさないとデビュー出来ない。など、スタイリストデビューまでの課題はありますか??

そんな課題があるとなると、
復帰するのにも躊躇してしまったり…
出来るかな?と不安になったり…

ママになると尚更時間が取れない!
と嘆かれる方が多いです。

そりゃそうだよね。
家に帰れば色んな仕事が待ってるし
時間も限られてる
旦那にも何か言われるかも

ワタシは結婚前にスタイリストデビューしていたのでスタイリストまでの苦労はママになる前に終わっていました。

当時、当店は
友達のモデルはダメ。
ハントしてモデルをしてもらわないとダメ。
厳しかったです。
当時ホットペッパーやミニモなんてありません!

ある意味、ハントすることで集客の難しさ、
指名へ繋げる難しさを直接身をもって感じる事ができたので良い経験ではありますが。

厳しくする事で、辛くなる事って増えます。
もちろん成長するのも事実です。

スタイリストになる為のレッスンテストは
お店によって違うと思うのですが、
なんでそんなに課題があるのか??

もちろん自分が練習しないと不安。
お客様に迷惑はかけられない。
そんな理由があって、逆に練習をしてもしても。いつ?お客様を責任持って担当していいのか…不安…

だからモデルさんを呼んで練習!となったとしても、なかなか時間が取れない…
そんな悩みがあるママ美容師アシスタントさんもいらっしゃいます。

とにかく!目的が明確だと頑張れる‼️

これ大事です美容室オーナーさん!

お客様に喜んでもらう為には!?どうしたらいいのだろう?

レッスンをする上で、一番大切な気持ちだと思う。

お客様への責任を自分で取る為に練習するのか。

お客様を綺麗にしてさしあげたいから練習するのか。

自分の目的を明確にする!

それが一番大事で、
一番上手くなる近道だと思う。

時間かけてるからって、より上手になるわけでもないし、たくさんこなすからって上手になるってわけでもない。

情熱があるからこそ、じゃない???

ワタシはムスコ3歳、ムスメ1歳の時にネイルの資格を取る為、週に2回、仕事を終え、お迎えに行き、夕飯を子供達に食べさせて旦那とバトンタッチしてから、隣駅のスクールに自転車で通いました。
夜中12時まで付き合ってくださった先生に、今でも感謝しかありません。


『一発で受かりたい!って気持ちがあるなら、夜遅くでも教えますよ!
そのかわり厳しいですよ‼️』

と言っていただいた事が今でも強烈に残っています。
こちらの熱意を感じてくださり、熱意で返してくださいました。
となると、もう猛勉強に火がついて🔥

ワタシには両両親が近くにいません。
頼れるのは旦那のみです。
復帰すると決めた以上、
自分がより良くなる為にこれは絶対やるから!と有無を言わさせずやりました。

それくらいしないと周りに追い付けない感じがしたから!

それくらいしないと、勝てないと思ったから!

何に勝とうとしてたのでしょう…
ママになってもキラキラしてたかったのかな。
意地だったかもしれない。
負い目を感じてたからかもしれない。
負い目って誰に?
後輩、先生を見返したかったのかな。
ママでもやれるって、やってやるって!

でも明確だったからこそ!

やってこれたんだ!!

みんなそんなわけにはいかないと思う。


けど。

自分がどうしたいかってのはすごく大事✨

そうなる為にはこうしたい!って周りに伝えるのも大事!

とりあえずはわかってもらわないと‼️
想いは伝えないと。

やってみないと始まらない。

まずは誰かに聞いてみよう。

毎日楽しい?忙しい?

なにが大変?充実してる?

復帰してどうだった??

https://m.youtube.com/channel/UCLXNwmWLqqyT0BIN77_GqrA

相談したい方、ちょっと勇気が欲しい方は是非一度ご覧ください‼️

さあ、ワタシも。
もっともっとインプットして、
アウトプットして。
まだまだ成長していきたい!

年齢なんて関係ない!

やる気!元気!勇気!

新着投稿を配信中です
働き方
スポンサーリンク
タナカエミ✂️をフォローする
TOOL MAGAZINE

コメント

タイトルとURLをコピーしました