仕事をする上で大切にしていること

#美容ツイサロマガジン企画

こんにちは。

フリーランス美容師兼SES営業のNovと申します。

初めての美容ツイサロマガジン、美容師として大切にしている3ヶ条を書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

時間の意識〜お客様の時間をお預かりする〜

人間、誰でも1日は24時間。当たり前ですね。

8時間の睡眠を取るとしても、活動時間は16時間。あっという間に1日が過ぎていきます。

美容室にいらっしゃるお客様も当然同じで、1〜2ヶ月、長いスパンの方だと3ヶ月に一度

美容室で過ごす時間を楽しみにいらっしゃる方も少なくないと思います。

美容室での過ごし方はお客様それぞれですが、担当の美容師とひたすらお喋りしたい方、

普段読めない雑誌を片っ端から読んで過ごしたい方、ひたすら寝たい方。

ただ、美容師はいらっしゃるお客様の貴重な時間をお預かりしてキレイにする仕事です。

その貴重な時間を無駄にして、お客様に喜んでいただけるかどうか。

そう考えれば、自然と適切な時間で最高の仕上がりを提供しようとなりますよね。

だらだらと余計な時間をかけてキレイにしても、喜んでくださる方なんてまずいません。

スポンサーリンク

シンプルな仕事〜手際良く、空気を読む〜

限られた時間でお客様の希望を叶えるには、最短距離で突き進む必要があります。

カットの時も極力手数を少なく、カラーも多くて3色まで。自分なりのルールです。

ファッションも仕事も、ゴチャゴチャするのがとても嫌いです。

接客も、かなりシンプルになりました。

若い頃は、とにかく喋らなきゃなんて考えに囚われて、勝手に突っ走っていた頃も

ありましたが、今は全くありません。

お客様の空気に併せて、喋る時は自然と喋りますし、喋らない時は本当に喋らない。

ただ、喋らない時は所作にめちゃくちゃ注意を払います。

コーミング1つとってもお客様への圧にならないように、自分が空気と一体化するように

心がけてます。

お客様から振られなければ、余計な世間話もしないですし、なんなら今指名してくださっている

顧客様のお仕事も知らない、なんてこともあります。

姿勢〜キレイな仕事はキレイな姿勢から〜

基本的なお話ですが、美容室には必ず鏡があります。

店内どこでどのお客様に見られているか分かりません。

他のスタッフ目当てでいらっしゃったお客様に、鏡越しに仕事を見られることもあります。

床に落ちた髪の毛を掃く、空いた座席をキレイにする、誰かのヘルプにつく。

カットやブローの他にも、キレイな姿勢を心がけるポイントは山のようにあります。

どれだけキャリアを積んでも仕事をする姿勢がキレイでなければ、キレイな仕事はできない

思っています。

最後に〜感謝〜

色々と書かせていただきましたが、これら全て若手の頃に師匠に叩き込まれたことです。

そこから自分なりに色々試行錯誤して今までやってきましたが、根底にあるのはその師匠の影響です。

美容師としてのスタンス、普段の過ごし方、世の中へのアンテナの張り方などなど。

多方面に渡り、教育していただきました。


現在はフリーランスとして活動しているため、後輩の育成等は全くやっていませんが

教育面においてもその人は超えられないと思っています。

かつて、自分が間違った意地の張り方をしてしまい、この人の元を去りました。

後悔したこともありましたが、今では感謝の気持ちが大きいです。

個人名や店名は伏せますが、この場をお借りして御礼を申し上げます。


『ありがとうございました』

コメント

タイトルとURLをコピーしました