美容師になった理由と理想の美容師像✳︎美華Ver.✳︎

#美容ツイサロマガジン企画

in Sydney



大家好!(皆さんこんにちは)

我是美華!(美華です)





ヘイスさんの Hase English もありますし、せっかくなので私もこれから中国語の挨拶でスタートしたいと思います!

意外とあまり触れることがない中国語、少しでも身近に感じて頂ければと思います✳︎

私は母が台湾人で中国語に触れる機会が多々あります。日本育ちで中国語はまだまだ未熟ですが。。。皆さんにも少しでも中国語覚えてもらえるようにがんばります!笑





さて

今回のお題↓



”美容師になったきっかけ、理想の美容師像は?”



私なりに書かせていただきます!

簡潔に行きたいと思いますので、今回も最後までお付き合いください◎




まず、キッカケ編


結構こう言われるんですよ

”昔から美容師さんになりたかったの?” …と

そして毎回こう答えます。

いいえ。全く。 (ドヤ)



すいません心の中ではごめんなさいって思ってます。


きっかけは本当に人それぞれだと思うんです。
しかし、お客様は結構な確率でこう思っていると私は感じました。

いや、そうだったらいいなぁ〜素敵だよなぁ〜と感じながら毎回少し肩身が狭くなります。笑


じゃあキッカケはなんぞや?


それは仲良しの先輩が言ってた美容室の美容師さんに髪の毛を切ってもらった時。

初めて自分が自分のことを好きになれた瞬間



びっくりしたんです。
髪型でこんなに人の顔って変わるの?って。

私は昔から自分の容姿に無頓着でした。
お母さんが髪きってましたらね。笑
よくあるやつです。

初めて美容に興味を持った瞬間でした。

でも私はその時違う夢があって、専門学校も決まりかけてました。
推薦状も出してもらってましたし…。PA(音響さん)の学校だったんですけど。。。




蹴・り・ま・し・た!!!!!





私美容師になる!!!!!と決めたのは高校3年生の6月です。(すいません)



そして、理想の美容師像



最初私が思い描いていた美容師像は、世界で活躍する美容師でした。(夢はでっかくね)

留学するつもりで学校も入学して一年で休学届を出すつもりでした。

しかし先生に相談したら、私の代で国家試験の内容が変わるから、みんなと一緒に卒業しなさいと言われ

”そっかぁ、じゃあその後にするか”

と、安易に考えとりあえず無事に卒業、国家資格も合格。

結構普通に就職して仕事してました。

のちにタイミングよく留学の話も進み、今度こそ!!!!と思い、両親に行ってくると伝えたら今度は大喧嘩。

結局行けなかったのです。

全てキャンセルして、また普通の生活に戻りました。

(のちに両親に言うとまた喧嘩するとわかったので無断で世界を旅してました。旅中に電話で怒られることもしばしば。ワーホリも黙って行けばよかった…とほほ)



…と、私は当時の理想通りには行きませんでしたが、今は少しの心残りを抱えながら結構満足な美容師ライフを送ってます。

そして来年独立予定です。


今の理想の美容師像は


目の前のお客様に全力で向き合える美容師


そんな美容師、そして経営者になりたいと思ってます。




最後に



ちょっと脱線して少し過去の話も出てきましたが、キッカケはやっぱり美容師からなんだなぁと感じました。

私も自分がキッカケで美容師になりたい!と言われたいですね^^





最後までありがとうございました!

謝謝你
再見✳︎

コメント

タイトルとURLをコピーしました