美容師になったきっかけ、理想の美容師像は?-Hase ver-

TOOLMAGAZINE企画

キアオラ!ニュージーランドで美容師しながらいろんなことをしているHASE|ヘイスです。

今回は編集長よりいただきましたテーマ

「美容師になったきっかけ、理想の美容師像は?」


 について書かせていただきたいと思います。

理想の美容師像もきっかけもはっきりしているので久々にこの手の原点回帰という観点でアウトプットさせていただきます。

素敵な機会をいただいた@han115nahさんには感謝申し上げます。

ということでいきます。

美容師になろうと思ったきっかけ

普通の人が持っていないスキルを身につけ仕事にする。

小学2年生(当時8歳)にしてそう強く思ったのをとても鮮明に覚えています。割とそこからブレずにやってこれているのは不思議ですが、人にないものを持ちたいという憧れは今でも強くありますし、これからも磨き続けていきたいモノの一つですね。

美容師として12年間仕事してきて思うのは美容師という枠組みをこえた社会貢献を生み出したいという気持ちが今とても大きいです。

美容師を目指したからこそ生み出せるなにか。美容師を一生懸命やってきたからこそ見える視点。

そういったものは必ず存在すると思うし、今後、人にあらゆる場面で人にもっと必要とされる時に絶対に活きる部分にしたいので、これからも、僕にしかできない何かを提供できるように芯を強く持って行きたいと思っています。

理想の美容師像は?

あなたと出会えて良かった」と思ってもらえるような人になる。

人の喜びの為に生きるというのは僕の人生のミッションです。そのミッションを遂行するにあたって、人に喜んでもらうという事はとても重要な鍵であり、大事にしたい部分の一つです。

今、考えている僕の理想の美容師像は、社会に必要とされる美容師、社会における美容師の存在価値をもっとあげていきたいと考えています。

今考えている事

たとえば、情報が乱立しているこの社会において、人的情報、ダイレクトな情報は手に入れにくい社会だと感じます。綺麗に整理された情報より、ダイレクトな確かな情報。ではそういった情報は一体どうやったら手に入れる事ができるのか。それは信頼関係が構築されているところに存在すると思っていて。

美容室でface to faceで繰り広げられる会話はリアルな情報として収集できると思っていて、企業が知りたい情報を短期間で一定数の狙った層から情報を収集できるというビックデータを取り扱うできる機関としてアクションを起こせたり。

自動化が進む中で対面で構築される信頼関係を利用して、健康に生きる為に関する必要な運動のアドバイスや食事に関する改善策を提案したり、

とことん対面」が産む価値を最大限に引き上げたいと思っています。

そういった観点でも自分が信じてやってきた美容師もいつか必ずこの世界で社会的に重要な事を成し遂げられるのではないかなと思っているのです。

僕は株式会社FiNC Technologies という会社でパーソナルトレーナーをしていました。(トレーナーが週4,5くらい,美容師は週2,3くらい)なぜそんな事をしていたかというと、ダイエットに関する知識を美容室でお話する時間に正確な情報や知識として正だしくお客様に提供することで、付加価値にしたかったからです。

私のところへ来たら、「綺麗になるだけでなく、体も綺麗になるヒントをもらえる!」そんな付加価値を持つ事ができたらとっても素敵なことが起こせると思ったのです。実際にそんなアクションを起こせる準備はできたと思います。

社会貢献への想い

ヘルスケア事業に勤めて強く感じた事は「社会貢献との関係性の深さ」でした。健康寿命を伸ばすためのミッションやビジョンを展開しているFiNC Technologiesという会社に勤めていて、目標に向かっている間、僕は社会的意義を感じました。この一つ一つの成功が世の中に正に必要とされるものだと感じたのです。

パーソナルトレーナーとして働いてきて思うのは、健康で居るからこそ美容ができる、たくさんのチャレンジができるということです。健康はすべてのベースとなり、大きく人の可能性を広げます。また、自信へと導いてくれ、大きく人を幸せへと導いてくれます。

今現在海外で生活しているのも自身の健康と子育てについて本気で考えているからですが、ゆくゆくは日本でたくさんの人を巻き込んで貢献できるようなアクションをしたいと考えています。(その為に英語は必要だと思っているのもあります。。)

と理想の美容師像を考えるとまだまだチャレンジしたい事やチャレンジしなくてはいけない事たくさんあると感じます!生涯を通して自分がした事がどこかのだれかの為になるようにしっかりと構築し、展開していきたいと思います。

長くなりましたが、こうやってたくさんの美容師さんたちと切磋琢磨してコンテンツを作れるという環境は自分の想いや意見をぶつけてブラッシュアップできる場でもあると思うし、ライターの皆さま、美容ツイサロも皆さまも業界をどうにかよくしていきたいという意気込みがとても強い素敵な人たちなので、たくさんの意見をぶつけ合い、最高のものを作りたいと考えております。

是非ともみなさんどうぞ宜しくお願い致します。

美容室の現場で使える◉HASE.English◉はこちら

ツイッターでは日々の想いと接客で学ぶ英語についてつぶやいています。

新着投稿を配信中です
TOOLMAGAZINE企画
スポンサーリンク
ヘイス|HASE.をフォローする
TOOL MAGAZINE

コメント

タイトルとURLをコピーしました