キャリア女性の選択肢、それでいいのか問題。について

女性の働き方

奈良でフリーランス美容師をしています、たつみたえと申します。

働くママや働く女性について #たえみ として発信したりしています。

たえみYouTube https://www.youtube.com/channel/UCLXNwmWLqqyT0BIN77_GqrA

たえみInstagram https://www.instagram.com/ta.e.mi

今回のテーマは実体験というよりは働く女性に関する思いをぶつけてみようと思います。

美容師というくくりだけではなく、働く女性全てに向けて。

スポンサーリンク

子供を生むという【選択肢】

正直に言うと、私自身は家庭を持つことに憧れていたわけでも、子供が絶対に欲しかったわけではなかった。
美容師を目指した頃は、仕事で充実しているのならば別に1人で生きていってもいい、くらいに思っていた。
しかし、時とタイミングで結婚もしたし子供も2人授かった。
そこには【選択】は存在せず、「思うようにした」だけだった。

そんな私が知った、世の中には【選択肢】をいくつか用意し、
人生をそのどれかから選ばなければならないと考える女性たちの存在。

その中選択肢のひとつに「結婚、出産するのか」という事柄がある。
【結婚】にはもちろん相手が必要だし、【出産】に関しては思うようにならない方が多く、「縁」とか「運命」的な奇跡のような事。

それを人生の選択肢の中に入れて考えるのは、無理があるのではないか。
【しない】ことは選べても【すること】は選べないじゃないか。

「結婚する、子供をもつこと」は男性のキャリアの中ではプラスα部分でしかないハズなのに、女性のキャリアの中では選ばなければならない…
というのがどうしても腑に落ちずにいる。

スポンサーリンク

女性にはタイムリミットがある

「私はキャリアを選ぶから」と決めるのも、ものすごくいいと思う。美容師として経験を積めば積むほど努力と実力は比例していくと思うから。

ただ、人間の気持ちなんてすぐに変わる。運命的な出逢いがあるかもしれないし、良いことではないけれど災いの後に結婚する人が増えたり出産が増えたりするということも耳にする。

変わるのも、悪いことではないし、変わることで幸せになるなら変わった方がよいと思うし変わるべき。
しかし、結婚はいいとして出産できるのにはタイムリミットがある。いくら医学が発達しても、やはり限界がある。

変わりたいな…と思った時には、考えているヒマはない、少しでも早く方向転換するべき。だって、思ったからといってすぐにお相手がみつかったり、授かれるかはわからないんだから。

その時にキャリアは捨てないとダメなのか

心変りするまでは、「キャリアを選ぶ」と決めてきた人生のその部分をまるっと全部捨てて(あきらめて)、さて、まるっと全部幸せなのか…?
幸せかもしれないけど…それまでに積み上げてきたものは…?
その人の作り上げてきた人生は、とても価値のあるものだと思う。
言い方が難しいけど、捨てたくないなら「もったいない」でしかない。
美容師に関していえば、アシスタントとして勉強練習した日々も、スタイリストになってからも悩んだ日々も、お客様に喜んでもらえた嬉しさも、自分自身がプライドをもってやってきた美容師としての仕事も…
天秤にかけて、家庭を【選択】しないといけないのだろうか…。

子供はいずれ成長する

【子育て】というのがいつまで…というのはわからないけど、
(健康的な問題などが特になければ)
いずれ手が掛からずに生活できるようになる。
それまでの間さえクリアできれば、きっと活躍する女性たちがわんさか出てくるのではないかと思う。
もちろん、【クリアする】の部分は人それぞれで違う。
とにかく預けることが出来て時間を確保したいのか
家族と過ごす時間を作りたいのか
バランス良く両方を充実させたいのか
他にもたくさんあると思う。
そのどれもが、その子育て期間に選べたら一番いい。
その先も見据えての選択肢になることは必須であるけれど。

そして、それがクリアできれば

【家庭を築く】ことをしながら
【キャリアを捨てた(あきらめた)】という気持ちはなくなるのではないだろうか。

結論はもちろんでません。

すみません。でませんよね…

ずーっとね、きっと、以前から、
解決してない問題なのかもしれません。
だから、世の中を変えることなんかはちっぽけな自分には無理なんです。

でも自分で自分を変えることは可能なんです。
「無理だからって決めつけずあきらめない」
そんな気持ちがあれば、 見つかる道もあるんじゃないのかなと。
先ずは、その想いを誰かに話してみる。
先輩だったり、同僚だったり、身内だったり…。
はたまた、思いがけない人が、
力を貸してくれたり、アドバイスをくれたりするかもしれません。

できることから動いてみる。
動かないと始まらない。

そう!一生懸命頑張っている女性のみなさん、もっと欲張ってください!
そして、サポートできる方、そんな仕組みを作ってくれる会社はぜひ、力になって欲しいと願います。

※あくまで私個人の意見ですので、こんな考えもあるのかー程度に思ってもらえれば幸いです。

たえみホームページ作りました!

たえみroom

コメント

タイトルとURLをコピーしました