美容師以外にどんな仕事をしてみたいか?〜カトゥーン日記〜

#美容ツイサロマガジン企画

美容ツイサロマガジンをご覧の皆さんこんにちは!

都内のシェアサロンにてフリーランス美容師をやっております『りょうへい』と申します。

腕を組む男性

そんな僕は郊外にある地域密着型サロンで社員として9年、同サロンにて業務委託として3年。

現在面貸し2年目のフリーランス美容師5年生。



この美容ツイサロマガジンでは自身の現在進行形な経験を生かして、[カトゥーン日記]と題しリアルなフリーランス美容師のあんなことやこんなこと、『えっ、そんなこと言っちゃっていいの?』的なことを発信していけたらいいなと思っております。



お久しぶりの第16回目のテーマはこちら!

『美容師以外に仕事ができる時間と才能があったらどんな職業をしてみたいですか?』

について。

してみたい、というかやりたかったことに寄せて書いてみようかと思います。



だいぶ後発になってしまいましたが今回はハンナさんからいただいたテーマですね。


・・・

はぇ?

そうですよ?



今回のブログはフリーランスとかガン無視で書いていきます。笑


ガン&無視。

ガンズ&ロー・・・


12月は皆さん忙しいと思いますので、ここらでちょっと小休止。

心を無にして読んでください。

いろんな夢を語りあいましょう。

スポンサーリンク

美容師以外にやってみたい職業〜その1〜

ギター

バンドマン。

というかギタリスト。

というかメロコアバンドのギタリストになりたかったんです。


僕は中学2年の時にギターを始めて大学卒業までずっとバンドメンをしていました。

中学の時は本気でGLAYのHISASHIになれると思っていて、高校生の時はハイスタのkenさんみたいになれると思っていて、大学の時はNOBみたいなエモいバンドになれると思っていました。

大学の途中で美容師になることは決めていたのですが。。。中学〜高校の途中くらいまでは「BECK」という漫画の影響もあってバンドで食っていくと本気で夢をみていました。


自分はコユキだと。


メジャーのコード進行の合間に見え隠れするマイナーコードは神。




美容師になってなかなかギターを触る時間がなく何年も触ってませんが、アシスタントの頃はスタイリストになって少し余裕ができたらもう一度バンドをしようと思いつつも結局できず。。。


今更職業にというわけではありませんが、バンド活動はもう一度やれたらなぁと思います。



なのでアツい気持ちを持ったベースとドラムとヴォーカル募集します。


僕はギブソンのレスポールとボスのブルースドライバーとイコライザー。

足元はこの二つで十分です。




『バンドやろうぜ』

スポンサーリンク

美容師以外にやってみたい職業〜その2〜

バンドをやっていたのもあって大学の頃はスタジオ代を浮かせるためライブハウスでバイトをしていました。

そんな中、自分の才能のなさにやっと気づいた僕はその裏方であるPAさんの仕事にもちょっと興味を持つように。



ライブハウスで働いていたらPA卓座らせてもらえるのかなとスーパー浅はかな考えで。

まぁそんな甘い世界な訳ないですよね。

チケットのもぎりとドリンカーで一生お酒作る仕事をしてました。笑


お酒の種類を知らなかった当時19歳の全力少年であり加藤少年は、ジントニックをオーダーされてジンに炭酸水を混ぜて提供していたことはここだけの内緒です。

トニックウォーターの存在なんて知りませんでしたから。

作るの面倒臭いから全員ビール飲めよ、なんて思ってました。

バイト失格やろうです。

美容師以外にやってみたい職業〜その3〜

最後はちょっとだけ真面目に書きます。


ちらっとお話しさせていただいたのですが、僕は美容学校に通うより以前大学に通っていました。

工学部の電気電子システム工学科というとこです。

勿論ちゃんと卒論も書いて卒業もしました。


そこでどんな研究をしていたかというと、

『非線形光学結晶NMUの波長変換素子への応用』


・・・


正直今書いてる僕も、もはや何やってたかなんてあんまり覚えてません。

深く追求しないでください。

ただなんとなくその時の提出した卒論のデータだけは努力の結晶なのでUSBに入れて保管しています。




結晶だけに。



・・・



え?

卒業して一度もオープンしたことなんてないですが何か?笑


内容に関してうっすら覚えている感じでいうと、音や光、電波、これらを非線形光学結晶であるNMUという物質に透過して直接出力することができない波長に変換させて出力するという実験をやっていた、ように思います。



そうです波の形を変える的な、です。



・・・



もうこれ以上は聞かないでください、禿げそうです。


この技術が僕らの生活の中でどんなことに応用されているのかというと、僕らが今まさに毎日狂ったように使っているスマホやPC、タブレットやテレビなどの電子機器に使われています。

当時はまだスマホやタブレットはなく、テレビも地デジになる前。

ガラケケーと座布団みたいに分厚いPCを使っていたのでこれらの技術に全く興味がない僕はただ実験をこなすという無な状態の毎日でした。



あの頃からたった13〜14年。



スマホが登場しインターネット検索や動画の視聴、なんでもサクサクできる時代になりました。

テレビも4K。

そして5 Gの登場。

PCだって下敷きばりの薄さ。(それは言い過ぎ)

VRなんて出た時は昔Nintendoが出したバーチャルボーイ思いました。



当時は全く興味のない勉強でしたが、あの頃本気できちんと勉強してそのままエンジニアの道に進み、今の時代を生きる技術者として仕事をしていたら面白い世界を見れていたのかなと思うこともあります。

もし美容師じゃなかったらそんな技術者としての人生もありだったのかなと。

最後に

無理やり今の美容人生と繋げるとすれば、音楽をやっていたことと山梨の甲府で大学生をしてライブハウスでバイトしていたこと。

これらはちょっと遠回りかつ今の美容師人生に関係なさそうに見えますが、この三つがあったおかげで美容師になりたいと思えるかっこいい先輩に出会えました。



当時ブッキングをやりつつドラムを叩いていた一人の男性。



優しくて気さくでかっこいい先輩がいたのですが、そんな僕が憧れていた人がなんと元美容師だったんです。



その先輩に憧れていた僕はその事実をしった瞬間、『あ、やっぱ美容師になろう』


そう思ちゃったんです。

なんてったって僕は全力少年。



地元にいた時に出会ったGLAYのジロー似の美容師さんに出会って以来ずっと自分の中でモヤモヤしていた美容師熱を再熱させ、『やっぱり大学卒業したら美容師になろう!』

そんな決定打を与えてくれたかっこいい先輩に出会えたのは、音楽と甲府という街のおかげかなと思います。




そんな今回のまとめとしてお伝えしたいこと。

『人生経験においてどんなことも無駄なことなんてない!』

ということ。



・・・



どうですか、いい感じにしまりましたね。




今回はとてつもなく内容のない内容になってしまい申し訳ありません。

最後まで読んでいただきありがとうございました。



数ある職業から選だ美容師という仕事に誇りを持って、これからももっと楽しんでいきたいと思います。




最後にもう一度。



『バンドやろうぜ』





ツイッターではフリーランス美容師のリアルについても発信していますのでよかったらチラ見していってください。



コメント

タイトルとURLをコピーしました