フリーランス美容師になるには?〜カトゥーン日記〜

働き方

初めまして!

都内のシェアサロンにてフリーランス美容師をやっております『りょうへい』と申します。

抱っこしているのは愛猫ポポイです。笑

郊外にある地域密着型サロンで社員として9年、同サロンにて業務委託として3年。

そして現在面貸し2年目のフリーランス美容師5年生。

この美容ツイサロマガジンでは自身の現在進行形な経験を生かして、[カトゥーン日記]と題しリアルなフリーランス美容師のあんなことやこんなこと、『えっ、そんなこと言っちゃっていいの?』的なことを発信していけたらいいなと思っております。

是非あたたかい目で見守ってください。笑

記念すべき第一回目の今回は

『フリーランス美容師になるには?』

についてお話ししていきたいと思います。

今回の内容はこんな方にお勧めです!

  1. フリーランス美容師とは?
  2. フリーランス美容師に興味がある。
  3. フリーランス美容師に向いている人とは?

それでは張り切っていってみましょう!

スポンサーリンク

フリーランス美容師とは?

はじめに、フリーランス美容師とはなんだ?

というところから。

簡単にいうと、僕個人としての日々サロンワークをしていて感じるのは『実店舗を持たないサロンオーナー』です。

サロンオーナー・・・

かっこいいですよね。

サロンオーナーなので、集客はもちろん、お客様の管理や材料費の計算まで、一般的な美容室経営者様がやっていること+現場でのサロンワークを全て一括して個人のベースで考えて運営していく。

そんな認識でやっております。

当然自営業の括りになるので、お客様を施術すればお給料が入るし、やらなければ無給。

やるか、やらないか。(フリーランス美容師)

俺か、俺以外か。(ローランド)

全ては自己責任、自己管理、それがフリーランス美容師かな?と思います。

スポンサーリンク

フリーランス美容師になるためには?

ではここで、フリーランス美容師になるためには何が必要だと思いますか?

  1. 誰もが惚れ込む高い技術力
  2. 誰もがひるむ圧巻の顧客数
  3. 誰もがびびり倒す売り上げ
  4. 誰もが目を奪われる発信力

正直この4つを持っている美容師さんはもう個人的に無敵だと思います。

向かう所敵なしです。

RPGでいったらレベル、HP、MPが全てマックス状態。

余裕でラスボスに勝てるくらいです。

ただ全ての美容師さんががこんな人ばかりではないですよね?

当然自分もこんなにハイスペックではありません。

でも安心してください、ここに書いていない物の中でフリーランスになるに当たって僕が個人的に思う最も必要なものがもう一つあります。

フリーランス美容師に一番必要なものはズバリこれ!

フリーランスになるにあたって最も重要で最も必要なもの、それは・・・

勇気

そう、勇気100%!

(がっかりして〜メソメソして〜どうしたんだい?♫)

そう、メンタル、気持ちです!

『なんだ、精神論かよ!なんて日だっ!』

と思った方もいるかもしれません。

安っちい自己啓発本にでも書いていそうな内容で申し訳ないです。笑

でも実際自分がフリーランスになって経験して、周りの美容師さんを見てきて素直にこう思います。

ここで勘違いしないでいただきたいのは、大前提として社員であろうがフリーランスであろうが、どちらがいいとか悪いとか、そういう事ではないというとです。

あくまでフリーランスに興味がある、なってみたいという人に対してかける言葉があるとすれば、

『勇気出して一歩踏み出してみません?』

です。

技術もそこそこ自信がある。

顧客様もそこそこいる。

売り上げもそこそこある。

SNSでもしっかり発信してる。

『もしお客様が来なかったらどうしよう。』

『集客できなかったらどうしよう。』

フリーランスに興味はあるけど諸々ある不安から中々思い切れない、そういった人が多いような気がします。

腹を括ること、これが一番大事な要素なんじゃないかな?と僕は思います。

やってみなきゃわかりません!

会社に守られている安心感、集客体制のバックアップ、それなりに保障されているお給料。

この安心感を振り払うための勇気。

これが一番必要なのかなと。

『もしやってみてダメだったらまた正社員に戻ればいいや!』

そんな楽観的な気持ちで僕は始めました。笑

SNSが活発になってきた現代。

色々な美容師さんをみてきて、もはやお店のスペックを個人が追い抜いてしまっていることに気づいてない美容師さんがたくさんいるように思います。

そう、ここまで読んでくれた、今まさにフリーランスになろうか迷っているあなたです。

フリーランス美容師に向いている人

では、フリーランスの美容師に向いてる人はどんな人か?

そもそもなんで自分はフリーランスになりたいのかを考えてみましょう。

理由はいくつかあると思います。

  1. お金をたくさん稼ぎたい
  2. 自由な時間が欲しい
  3. 会社に縛られることなく働きたい
  4. 最初から最後まで責任持ってお客様を担当したい
  5. 美容師以外のことにも挑戦していきたい

フリーランスになると基本的には1人でお客様を施術、接客することが出来るため自分の納得いく技術とサービスを提供することができます。

その反面、全て自己責任になるので言い逃れはできない分、当然ですがある程度の技術や接客力は必要にはなってきます。

また、お金の面に関してはある程度顧客様がいれば正社員でやっていた時のお給料よりも高い報酬は得られる可能性があります。

お金を貯めたい、独立の資金を作りたい。

そんな理由で始めるのも素敵だと思いますが、その中から材料費はもちろん保険料や税金等を支払っていかなくてはいけないのでしっかりとしたお金の管理は必要です。

そして僕がフリーランスになるに当たって一番手に入れたかったものでもあるのが、『時間』です。

正社員で美容師をやっていると1日の間で何時から何時まではお店にいなければいけない。

休日は週に1回、ないしは2回。

結婚して子供ができたら時間は作れるかな?

奥さんとの時間は作れるかな?

そのほかでも最近では美容師をする傍、色々な仕事を掛け持つ複業美容師さんも増えてきているように思います。

自分を様々なコンテンツで発信することも時間に縛りがあるとなかなか思いようには進みません。

僕も自由に時間を得ることができたから隙間時間をうまく使ってこのブログを書くことができてきます。

フリーランス美容師の向き・不向きというよりは自分がなぜフリーランス美容師になりたいか。

『結局そこ?!笑』

と思われるかもしれませんが、なりたい理由が明確であれば全員向いていると思います。

まとめ

第1回目は『フリーランスになるためには?』というテーマでお話ししてきました。

ざっくりまとめると一番必要なものは『明確な理由と勇気』

これに尽きるかと思います。

次回はもうちょっと深掘りした内容をお届けできたらと思います。

自分でハードルを上げたところで今回はこのへんで。笑

最後まで読んでいただきありがとうございました!

新着投稿を配信中です
働き方
スポンサーリンク
りょうへいをフォローする
#美容ツイサロマガジン

コメント

タイトルとURLをコピーしました