過去の働き方から現在の働き方へ。一番大きな変化とは?

働き方

#働くママ #ママ美容師 へ元気のおすそ分けをしています!

#たえみの タナカエミです☺️

左 たえさん 右 えみです

今回は過去の働き方から、現在の働き方へはどのように移行したのか?流れ的には妥当だったのであろうが。

なし崩し的になったのではなく、ワタシなりの感じ方、考え方の変化を記したいと思う。

過去の働き方

スポンサーリンク

・叔母の店で店長

叔母がオーナーだった為、舐められちゃいけねー!という事と。責任者としての自覚が強くある故に厳しかったところが多々あり。スタッフに対して、ワタシのように、いつでも仕事を考え、そして第一にお客様の事を思っていてほしい!

今はかなり押し付けていた部分もあったと自負している。

スポンサーリンク

・子供ができる。

スタッフ、そして自分にも厳しくしすぎていた事が自分に返ってきて辛くなる日々。カラダの変化、心の変化。

お腹が大きくなるとどんどん不安も大きくなる・・・

足のむくみやしびれ。

経験したことのない体の変化はスタッフには分かってもらいにくい。

シャンプーなど代わって欲しいと言いにくい・・・

・店長として復帰(パートなのに)

早く帰る。日曜日を自分の定休日にしないと親が近くにいないため頼れない。となると後ろめたい…

少し大きくなったら、二人ともいつも通っている保育園とは別の保育園に日曜日預けて働くことにした。

(すでにこの辺りから、なんだかおかしいぞ。と気付き始めていた。が、どうしたらいいものかまだ分からずに必死のパッチで自転車を漕ぎ、鬼のような表情で近所を徘徊し、仕事をし続ける日々。)

・きっかけ

叔母から店を受け継ぎ、さあ頑張るぞ!という時にスタイリスト一名、エステティシャン一名、アシスタント一名が一度に辞めた。いっぺんに三人も!

店長として責任をもって。子供を日曜日も預けて。必死に仕事してきたのに!

裏切られたというか、なんというか。自分の不甲斐無さ。悔しい。悲しい。これって現実?伝えていた、そして伝わっていると思っていた事は押し付けだったのか。伝えるとか伝えないとか。感じ取ってくれてる!きっと。

そんなのは全て虚無だったのだ。

ワタシってなんだったんだろう…

あぁ、50年という歴史ある叔母の店を引き継いだのに申し訳ないな…潰しちゃうな…漠然と思った。

自分の事を、ここまで否定したことは後にも先にもこの時ほど痛く思った事は無い。

・悩んだ事

とりあえず、どうにかしないと!

だってワタシには2人の可愛い子供がいる!まだ小さい!ワタシだってまだまだ働ける!だったら働くしかないじゃない!てか、人がいないからって働けないって誰が決めたの?誰でもないよ、まやかしだよ!

そう!悩んだのは一瞬!

ワタシはたぶん。いや、絶対に気張れる!!

思い込みと妄想を味方につける!!

今現在の働き方。

自分の考えを押し付けない。ワタシとアナタは違う。でも一緒に働いている。それって数ある運命的な中から出逢えた奇跡。背負っているのではなく、一緒に頑張っていると思う。

教えてあげる事で、ワタシもアナタが育つ喜びを教えてもらっている。

アナタが育てば、ワタシの自信になる。

一緒の時間から働き、一緒の時間に終わる。今日の嬉しい事を語り合い、大変だった事を共有する。文句ではなく、どうしたら良くなるのか。(そりゃたまの愚痴ぐらいいいんですよ☺️)聞きますし、ワタシも聞いてもらいます。

感謝の気持ちを伝える。

こうした方がいいとアドバイスする。

考え方と共に、働き方が変わる。

時間やお金だけじゃない。

かけがえのない働き方。

なにもかもを条件で決める事が出来ない!

それがワタシの働き方✂️

コメント

タイトルとURLをコピーしました