シリーズ「美容学生のリアル」vol.1

all

TOOL MAGAZINE編集長のくらたです。

くらたって誰?」そんな方のために自己紹介作りました。

TOOL MAGAZINEってなに?という方はこちらをご覧ください。


TOOL MAGAZINEでは美容師の働き方や魅力を発信しています。

今回は”これから美容業界に飛び込む若手”に編集長自らが突撃取材をさせていただきました。


若者たちを育てていく私たち世代は「どんなことか考えてるの?」ってめちゃくちゃ知りたくないですか!?

と思い、今回は「山野美容芸術短期大学」さんに協力いただき、学生さんにいろいろ聞いて来ちゃいました!

学校の特色とかもインタビューの後に紹介しますので、学校選びに迷っている学生さんも必見ですよ〜!


スポンサーリンク

学生取材スタート

私が面接受けているみたいな構図になっていますがそんなことありません。

ただ、歳の差が干支一周以上しているので学生に「え、おじさん…」って思われていないか不安で萎縮はしてます


今日はよろしくお願いします

よろしくお願いしまーす!


ふ、フレッシュ…!


今回はお一人ずつ取材をさせていただきました。

2回目の記事はこちらからどうぞ。


スポンサーリンク

田中さんの学校生活


山野美容芸術短期大学、美容総合学科2年の田中麻里也(たなかまりや)です

田中麻里也さん
美容総合学科2年生
Instagram:@mariyatanaka


田中さんは今学校でどんなことやってるんですか?


国家試験の授業と、SuperBIDOのオーディションに向けて制作活動をしています

Super BIDO・・・?

※Super BIDOとは

山野学苑創立者山野愛子氏が提唱した「美道」の理念にのっとり、美容の理論と実践を通して、変わりゆく多様な文化の足跡を残すべく立ち上げたプロジェクトのこと
(下図美道5大原則)

https://www.yamano.ac.jp/outline/bigaku.html

プロジェクトの一環で毎号ひとつのテーマでアーティスト、卒業生、そして在学生がそれぞれに作品を作りあげる雑誌。


すっご…。

このオーディションがめちゃくちゃ大変でしたが、無事に通過できたんです。

オーディションってどんなことやるんですか?

山野の専門と短大の学生約40名がデッサンデザインをヘアとメイクそれぞれ描いて、4人の審査員の前で1人ずつ発表しました。

うわあ…緊張しそう…。

めちゃくちゃしました笑

でも無事にオーディション通過できて、山野愛子ジェーン先生(学長)のチームに入れてものすごくいい経験になりました!

作った作品がこちら。

まだ、作品の公開はできないみたなので、制作過程になってしまいますが学生期間でこれを経験できるのはものすごく貴重ですね。

過去の本誌も学校に並んでいました。

デジタル版 にもなっているので是非覗いてみてください。

フリーペーパーのクオリティ超えてますね…。


僕には作れないやつや。デザインはどこから参考にしたんですか?

今回のテーマは「アイコン」だったので何かの象徴にしたいなと思い、今回は日本をテーマにしました。

それから、日本について歴史の本などで昔の帽子、ヘアを勉強をしました。

日本といえばなんだろう?「富士山だ!」って思って、帽子のデザインに富士山を当て込んで、それをあえて赤富士にしたり、メイクも日本を象徴する「歌舞伎」を盛り込んで、日本をガンっ!と感じさせられるようなイメージにしました。


制作はめちゃくちゃ時間がなかったそうで毎日学校に箱詰め状態だったみたいです。

この熱量割けるのは学生の期間ならではですねー!

学園祭みたいな雰囲気で楽しそう。

特に昨年は”新型コロナウイルス”の影響でほとんど学校のイベントはできなかったみたいなので、皆さんの欲求が爆発したのではないでしょうか。


出来はいかがでしたか?

大満足でした。自分の作品がこんなにすごいものなるんだなって感動しました。

自分の描いたものや考えたものが形になるのは好きなので、この機会を活かして授業でもっと勉強したいです。


学校でこれから勉強してみたいことはありますか?

そうですね、サロンワークベースという実用的なヘアアレンジとかの勉強してみたいですね。

学校の話はまだまだ他にも聞いてます。

そちらはYoutube版であげますね!


将来の話聞いてみました

少し話は変わって、仕事の話も聞いてみました。

どんな美容師さんになりたいですか?

私に任せたらどんな人でも可愛くなれるような信頼される美容師に、施術中に楽しく会話できる美容師さんになりたいです。

田中さんから見た美容師さんのイメージってどんなんですか?

えっと…オシャレだなーとw

wwwwww

wwwwww

でも本当に、皆さんファッションに気を使われててスタイル良くて…本当にすごいです。


オシャレは大事ですよね…。

こんな格好してても美容師名乗ってるなんて恥ずかしいですよね…!(戒め)

現在2年生で就活の時期だと思うんですが、サロン選びってどうしてますか?

就活フェアや学校のイベントでいろいろ見学して探すことが多いですが、基本はインスタを使ってますね。

サロン探しもそうですが、DMのやりとり、お店の雰囲気、とかだいたいインスタでやっていることが多いです


インスタはやはり若者たちの美容室選びの主流になっているみたいですね。

昔と違って視覚的な情報が受け取りやすくなって、”働きたいサロン選び”にはもってこいのSNSですね。

私の時代のサロン選びって就活サイトとかホットペッパーの紙雑誌がメインだった気がするので、サロンの中で働くイメージはつきにくかった記憶があります。


美容師になったらどんなキャリアを考えてますか?

まだ漠然としているんですけど…。

ただの夢なんだけど、「ミラノ」に行ってみたいんです。

おー!海外美容師さん!海外移住は僕も今少し興味あります!

一年生の時の卒業生の授業でロンドンで働いている美容師さんの講義をたまたま受けたんです。

その方が数年後にミラノにサロン出します!というのをおっしゃてて…

その中の話で、ヨーロッパ圏ではまだ日本の美容師さんの認知がかなり低いらしいんです。

それを広めたいというのが先輩の思いらしくて…。

その活動の1人になれたらなと今は思ってます。

めっちゃしっかりしてるやん…。

逆に…、美容業界で働く上で不安なことってありますか?

辞める人が多いと聞くので、「なんでだろう?」って思っちゃいます。

美容業界って離職率すごい高いですもんね。

1年で50%って言われるくらいなので…なんで辞めちゃうんだと思います?

働いてみないとわからないですけど…。

休みが少ないのと、土日休みじゃないから周りと休みが合わなくて嫌になっちゃたり

仕事のキツさに対しての報酬が周りの社会人の人に比べて見合っていない気がするんですよね…

確かに、周りと比べちゃうところはありますよね。

これは僕たち業界に先にいる人たちが頑張らないと行けないところですよねー!


最近ではこのあたりが整って来たとはいえ、まだまだ環境整備は発展途上の業界ですからね。

若者たちを守る仕組みは全体で取り組んでいかないと行けないところですね。

取材を通して様々なことを聞くことができました。

30中盤のおじさんには若者のキラキラが非常に眩しかったです。

とはいえ、美容師になる前のワクワク感を改めて思い起こしてくれました。

やっぱり美容師は本当にいい仕事だなーと、そしてもっと多くの人にその価値を広めていきたいと再確認。

最後に…

これから美容業界に入る上で、意気込みあったら教えてください!

私、実は体育会系なので先輩後輩関係がしっかりしているところで働きたいのでそんなサロンに。

あれはだめ、これはいいみたいにはっきり言ってもらえるサロンで働きたい。

絶対成長するのでよろしくお願いしますー!


まとめ

田中さんありがとうございました!

「美容学生のリアルVol.1」いかがでしたでしょうか?

美容学生がリアルに考えていることをこれからシリーズとして特集して行きます。

美容師の皆さんが聞いてみたいこと、美容学生の皆さんが話してみたいこと。

様々な思いや情報が交差してお互いの「知らない」を少しでも解消できるようなシリーズにして行きますので

今後もお楽しみに!


学校情報

山野美容芸術短期大学

美容総合学科から3つのコース

  • 美容免許取得コース
  • インナービューティーコース
  • グローバルキャリア・ビューティービジネスコース

があり、自分の志向や将来像に合わせて
「7つの学問領域」「共通ビジネス科目」「自由選択科目」
自由に組み合わせて学ぶことが可能


所在地:東京都八王子市鑓水530

アクセス:JR横浜線八王子みなみ野駅よりスクールバス有り。最寄りのバス停留所である「自然公園前」へは、JR中央本線八王子駅やJR横浜線・京王電鉄相模原線橋本駅からの便がある。

HP:https://www.yamano.ac.jp

コメント

タイトルとURLをコピーしました