美容師の働き方問題「正社員とフリーランスどっちがいいの?」

働き方

OjOmano stylist

📻倉田晋吾の美容師チャンネル

倉田晋吾です。

倉田
倉田

美容学生、若手美容師に全力でエールを送るラジオ日々配信しています

今回はこちら

「美容師正社員vsフリーランスどっちがいいの解決編」

先に結論から言わせてもらいますと

「どちらが良いとかはありません」

ただ、それぞれに「メリット・デメリット」があり「向き・不向き」が存在するのは間違い有りません。

それぞれの特性をよく理解し、自分の働き方に合う選択をして欲しいです。

それでは早速行ってみましょう

スポンサーリンク

正社員の場合

正社員=安定のイメージがあるかと思いますがそれはそもそもどこからくるのか?

大きく分けて

・仕事を自分で見つける必要がない

・集客を企業に委ねることが出来、収入が安定する場合が多い

・カリキュラムや勉強会など各サロンごとの取り組みに合わせてレベルアップが出来る

・税金、保険、確定申告など煩わしい作業は企業がやってくれる

このあたりが上記の部分にあたるのではないでしょうか。

基本的には企業との(労働者)としての契約を結ぶ形になるのが正社員という雇用形態になるので守ってくれる制度や法律は多く用意されています。

まあこのあたりは堅苦しい感じになってしまいますが僕は美容業界に入ってから10年間ずっと正社員として働いてきたので個人的な意見にもなるかもしれませんが魅力は多くあります

・店舗にいるスタッフが1つのチームとして営業をするので様々な場面で喜びや楽しみを共有できる

・ステップアップが分かりやすく、同期など共に高めあえる仲間がいることでの向上心やライバル心がつく

・相談できる先輩、相談してくれる後輩。コミュニケーションがとれる(結構大事)

などといった点で、正社員として美容師をすることのメリットはこのように挙げられます。

ではデメリットってなんなんでしょう?

・サロンの営業時間の中で拘束されてしまうので自由な時間の使い方ができない

・企業から仕事を任されることが少なくはなく余計なto doが増えてしまう(発注や教育など)

・同時に数名のお客様を同時に施術しなければならない場面がありもどかしさを感じる場面がある

といった感じで自身に充てる時間(勉強やプライベートなど)や、やらなければいけないこと、本来やりたいこととのズレが生じて来る場面というのは少なくとも存在するのが正社員美容師のデメリットと言えるでしょう。

また、これは気持ちの問題もありますが企業が集客をしてくれることが多いため用意されたお客様をこなすだけ、に感じてしまい作業感を感じてしまうこともあります。

スポンサーリンク

フリーランスの場合

近年フリーランスになる方は増えてきていますが、どのような働き方でしょう?

大きく分けて2種類の働き方に別れてくるのでまずはその説明からさせて頂きます。

業務委託

・サロンが集客、メニュー、薬剤、価格設定をしてくれる

・還元率が平均で40〜50%と正社員契約より高い場合が多い

面貸し

・個人での集客、メニュー、薬剤、価格設定が出来る

・還元率が平均60%以上となっている場合が多く業務委託より高い

このあたりは他のブログでも細かく記載がある思うのでちょっと調べれば問題ないですねw

じゃあどんな働き方をしている人が多いのか?

こっちのほうがお伝えしたいこと!

・最初から最後までマンツーマンでお客様に携わっていきたいと思っている人

・サロンでの集客をせずとも自身の集客で十分顧客を集められる(集めたいと思っている)人

・美容師(プレイヤー)以外に事業を起こしたい、お金の入り口を作りたいと思って動いてる人

・ライフイベント(結婚、出産など)でフルタイムでは働けないけど美容師を続けたい人

などなど、雇用されている正社員とは違い個人事業主という立場になるので基本的には

「自発的に行動出来る人」というのがフリーランス美容師として働いている人が多いです。

与えられるのを待っているだけに人では収入は全くない(最低保証がある形態もありますが)し技術の向上も望めません。

少しシビアな世界ではありますが逆に、自分のやりよう、努力の仕方次第では正社員よりも圧倒的に収入を得ることが出来たり、強みを遺憾なく発揮出来る可能性があるのはフリーランス美容師としての魅力の一つと言えます。

では逆にフリーランスのデメリットはなんでしょう?

・自力集客が出来ないと詰む可能性がある。

・社会保証など守ってくれる仕組みが無いので働けなくなったら収入は一気に0に

・手続きが面倒、確定申告など個人事業主である本人がやらないといけない

・ローンが組めない

リスクが正社員に比べ高くなる、企業が補ってくれている部分を自身で負担しなければならいのはのはフリーランスならではのデメリットになります。

また、良くも悪くも自身のやりようなので大きく収入を得られる可能性もありますが逆もまた然りということは覚えておいて欲しい部分です。

まとめ(一番伝えたい部分)

上記の部分は少しネットで検索すればすぐにヒットする内容ばかりです。

その表面的な部分を拾って

「こっちの方が稼げそう」

「こっちの方が楽そう」

で判断をしてしまい、後悔をしてしまう美容師さんが少なくはないので今回記事にさせて頂きました。

それぞれメリット、デメリットはお伝えしましたが徐々にその穴も埋まりつつある風潮にあります。

正社員だから安定→店が潰れたら?リストラの可能性も0ではありません

フリーランスだから不安定→補償制度が充実してきてるサロンも増えています。

どちらかのメリット・デメリット挙げていてもきりがありません。

どちらかの道を選択しても良かったこと、不都合なことは必ずつきまとうのです。

結局のところ、正社員にしても、フリーランスにしても最も大切なのは

「目の前のお客様に喜んでもらう事」

これに尽きます。これが美容師の本質です。

そのために最もベストな働き方の選択肢でしかないと僕は思います。

そのなかで何にやりがいを感じ、成長が出来るのか

どんな壁なら乗り越えてみたくなるのか。

つまるところ

「どんな美容師になりたいのか」

ここを死ぬ気で考えて行動をしていけば自ずと自分の進むべき道は見えてくるはずです。

迷ったら自身がなりたい美容師の働き方をしている人に

直接話を聴いたり、意見をもらうのが一番ですが

もしどんな人に聞いたら良いか分からない場合は

僕にDM下さい

下記SNSから是非お待ちしています!

聞くだけならタダですからねw

ご意見、ご質問ありましたらTwitterInstagramのDMよりお待ちしてます!

ラジオで対談させてもらえる方も募集中です★

新着投稿を配信中です
働き方
スポンサーリンク
倉田晋吾をフォローする
TOOL MAGAZINE

コメント

タイトルとURLをコピーしました